<「困ったな」そんな時は、プロに相談しよう。

不動産の売却

人によっては、所有している土地や一軒家を所有しているでしょう。ですが、中には売却を考えている人もいます。
売却することは、不動産の相場や状態を確認した上で売却する価格を決めます。
そうすれば、その価格は自分のお金として扱えるようになります。しかし、売却方法にも色々な種類があってその中には任意売却という方法があります。
任意売却は、任意で売却するということになりますが、これは何かしらの理由で不動産を手放すことになります。
その理由というのは、返済中の住宅ローンの支払いが滞ってしまった、支払いたくても経済的な問題で支払えない…などといったことがあります。
住宅ローンは、不動産を購入する際に金融機関と契約を結んで融資してもらったお金になります。
ですから、借金と同じ扱いになりますが、無担保ローンに比べて低金利で負担が少ないようにできます。
しかし、それでも何かしらの理由で支払うのが困難になってしまうことがあります。

金融機関に相談をせずに放置してしまうことは、強制的に売却されてしまうことになりますが、支払いが困難になった時点で金融機関に相談すると任意売却ができます。
任意売却することで、あくまでも不動産の所有者である本人の意思で売却することになります。
強制的な売却だと自分のもとへお金が戻ってくることはありませんが、返済より多い価格で売却できた場合は自分のもとへ戻ってきます。
その為、住宅ローンの返済も全て終わらせることも場合によっては可能です。

どうして手放すのか

どうして手放すのか

所有している不動産を任意売却することは、何かしらの理由で手放すことになります。この理由は、人によって異なりますが、共通する部分はお金に関することで困ったという状況になっていることが多いです。

>>詳しくはコチラ

任意だからこそ

任意だからこそ

任意売却することは、何かしらの理由で不動産を手放す状況になります。ですが、元々の所有者にとって任意売却することはメリットがあります。その為、強制売却よりも良いところを紹介します。

>>詳しくはコチラ

信頼できる不動産へ

信頼できる不動産へ

不動産を任意売却することは、あくまでも所有者の意思によって手続きを行ないます。しかし、不動産に関することは複雑な内容が多いので信頼できる業者へ依頼することをお勧めします。

>>詳しくはコチラ